株式会社 ザ  トラスト

セカンド・オピニオンとしてもご活用いただき次のステップにお進み下さい。

 
ホーム 組織概要 土地の活用 問い合せ

 株式会社 ザ  トラスト

セカンド・オピニオンとしてもご活用いただき次のステップにお進み下さい。

 
ホーム 組織概要 <?=$option_title_esc ?> お問合せ
 
2011/12/15
後悔しないための建築条件付売買及び注文建築の請負契約締結

1)追加工事等で予算オーバーになり後で困らないために、土地の売買契約締結時に、下記,鯑瓜に行うことが肝要です。
(土地の売買契約締結前に建物の平面計画を十分検討することが大切です。)
〃築の請負契約締結時に外構工事を含め、全ての工事の内訳明細書を添付した契約とすること。⇒設計変更時にトラブルことなく行うため。
 ※ 外構工事は後回しになり最後になって思わぬ費用が発生しかねない。

2)平面計画で、建物のメンテナンスができるように隣接(隣地境界)家屋との距離を確保すること。
 ※ 修繕工事等ができるスペースが必要

 
戻る
株式会社 ザ トラスト